猫処またたび亭に行ってきました――その2 猫に好かれる方法は?

(続き)八戸市にある猫カフェ「猫処またたび亭」に行ってきました。
猫処またたび亭に行ってきました――その1

スタッフ猫さん達にもそれぞれ性格がありますよね。
人懐っこい子、元気な子、抱っこが苦手な子、などなど。
それと、その日のコンディションもあります。
眠い、疲れた、遊びたい、などなど。

せっかくだし、ネコと戯れたい!という場合は、
遊びたそうな猫を探して、猫じゃらしなどで遊んでみるのも楽しいですよね。

……でも、実は猫カフェの猫たち、遊び疲れていたり、
入れ替わりやってくる人間に疲れているのか?「そっとしといてくれ~」というモードだったりする子もいます。
(大人のネコは特にそう。)

いっぱい人と遊んで疲れてるのかな?と思われる猫、
「ちょっと休憩ほしい~」という猫は、一匹で過ごせる静かなところにやってきます。

例えば、またたび亭の場合だと、こたつの下。
なかなか人が構いにくい場所に潜んでいました。
こういう場合、猫じゃらしなどのおもちゃで誘い出そうとしても、遊んでくれません。
そっとしておくのが一番。

ネコがしたいようにさせておくと、案外寄ってきてくれたりします。
休憩モードのネコさんの「静かにしたい欲求」を満たせる場所と思われたのか、
部屋の隅でゆっくり座っていただけの夫と娘に寄ってきてくれました。

夫と娘、何もせず、ただ黙って座っていただけです。でも、ネコ達にモテモテでした。

それとも赤ちゃんのミルクのにおいに惹かれてきたのでしょうか?

※ちなみにこちらの猫カフェは、小学生以下の子供も大人同伴で入場できます。
子供が騒いだりしそうなら、
部屋の外から子供と一緒に、ガラス越しで猫ルームを見ることもできるそうです。
そのほうが猫も、子供や親も、他のお客さんも快適に過ごせますよね。

そして、毎度なぜか動物に好かれる我が夫(^^)
今回は白猫さんが夫の足にピトッと寄り添ってました。
たぶん、じっとしていて静かに過ごしていたので「この人安全」と思われたのかもしれません

ケージに入って休憩中のスタッフ猫さんもいます。
人間にも猫にも、休憩は必要。

一緒に遊んでもいいし、同じ空間でくつろぐだけでもいい。

基本的に猫が嫌がることはしないこと――これは人間同士でも同じですね。
ともすると、自分本位になってしまいがちな面もある私としては、毎度毎度心に留めなくてはと思います。
猫のいる場所にお邪魔させてもらう、という感覚で猫カフェに行くといいかもしれません。
誰かのお宅にお邪魔するとき、どうふるまうか――猫カフェでもおんなじ。

猫も人間も、気持ちよく過ごせるといいですね。