ソメイヨシノのあとで

ゴールデンウィークが終わりましたね。

我が家一同、ゴールデンウィークの終わりに、
全員が風邪をひき、寝込んでおりました。
ようやく回復といったところです。
ゴールデンウィークは特に遠出しなかったのですが、
近所を散歩していた時に、ウィルスを吸い込んだのでしょうか……。

さて、今日も娘とお外を散歩しておりました。
三沢市役所の向かいにある中央公園前を通った時に、ふとピンクの花が目に入りました。
何の花だろうと思って近づいてみると、
八重桜 三沢市中央公園 1

八重桜 三沢市中央公園 2
多分これは、何かの桜。八重咲きの品種。
木漏れ日も、桜吹雪でできた桜のじゅうたんもキレイですね。

八重桜 三沢市中央公園 3

八重桜 三沢市中央公園 4
濃いピンクで、青空に映えて鮮やかなコントラストがきれいです。

桜といえば、最近はソメイヨシノのことを指していることが多いようですが、
ネット情報によると、
ソメイヨシノ(染井吉野)は
江戸時代末期に、江戸郊外の染井村の植木屋さんが売り出した桜だそうで、
エドヒガン(江戸彼岸)とオオシマザクラ(大島桜)の交配種だそうですね。

以下、引用です。
”江戸にいながら奈良吉野の桜がみられると称して
 「吉野桜」と名付けて売り出し、
 人気を博したと言います。
 本当の吉野の桜は、花が新葉と共に咲く「ヤマザクラ(山桜)」なのです。
 全く系統も異なる桜に、古来名高い「吉野」ブランドをつけた訳です。
 ~中略~
 その後、本来の吉野の桜「ヤマザクラ(山桜)」と区別するため、
 「ソメイヨシノ(染井吉野)」と正式に命名されました。”
引用ここまで。
桜のおはなし」より

なるほど~(^^)
個人的には、濃いピンクのヤマザクラも好きですよ。
サトザクラなんかも好きですね。
こころなしか、ソメイヨシノよりも長持ちして丈夫な気がします。

桜の下で、しばしボーっとしながら、
いただいたお菓子を食べて、お花見気分を再度味わいました。
「林檎せんべい」
林檎せんべい

青森といえばリンゴ。
リンゴも桜も、同じバラ科の植物つながりってことで。
……と思ったら、岩手の会社が作ってました(笑)。
南部せんべいだから岩手なのね。
三沢も元・南部藩だしな~。

そういえば、青森県が誇る桜の名所・弘前公園では、
リンゴの剪定技術が桜の手入れに生かされているそうです。
おかげで、毎年見事な桜を楽しめるんですね。

三沢の桜もきれいですよ~(^▽^)
公園もよく手入れされていて、過ごしやすいですね。
また来年も桜、楽しみましょう♪

巖手屋 林檎せんべい 2枚×10袋

新品価格
¥1,360から
(2016/5/12 21:20時点)