妊娠・出産(帝王切開)体験記――その3 つわり

妊娠・出産(帝王切開)体験記――その1 妊娠検査薬でフライング検査
妊娠・出産(帝王切開)体験記――その2 雑誌買ったり病院行ったり
の続きです。

ちょっとつわりと思われるものになっていた私。
季節柄、花粉症?と思われる症状もありました。
ボーっとするし、軽く体温が高いし、
つわりでつらいのか、花粉症でつらいのか、どっちなんだ?という状態でした。
ちなみに妊娠初期なので、花粉症を抑える薬は出せないと病院でも言われておりました。
ただひたすらガマンです。

人によってつわりの有無や症状は違いますが、
私の場合、ひたすら眠い
強烈な、気絶するんじゃないかってぐらいの眠気が襲ってきました。
本能が本当に強くなっている感じで、
理性だの根性だので制御するのが難しかったです。
コーヒーも紅茶も控えていました(というより、なぜか飲みたくなかった。食欲がわかない感じに近い)。
だから、まともに睡眠欲と正面から戦う羽目になり、
全戦全敗でした(^^;)

仕事を辞めていたので、
夫を朝、仕事に送り出し、お昼ごろまで家事をすると、もう眠い。
起きていると具合が悪いし、ひたすら眠いのでとりあえず横になる→そのまま眠ってしまう→夕方、夫が帰宅、というループ。
夫は冗談で「ウルトラマンみたいだね~」と笑っていました。

自分でもさすがに寝すぎなんじゃないか、
世の中には働いている妊婦さんだってたくさんいるのに、
頑張れない自分はダメ人間なんじゃないか、なんて落ち込んだりもしました。
でも、夫は
「今は赤ちゃんがyumikoに横になってほしいから、すごく眠いんじゃない?」
「無理せずゆっくり休め」
と言ってくれて、なんだか救われた気分になりました。

結婚式の準備もあるので、
なるべく活動したい気持ちはあったのですが、
たまたま、招待状の返事待ちで、やるべきことが少なかったのも幸いしました。

ほかにも、
・温かいご飯が気持ち悪くて食べられない
 →冷たいご飯なら食べられるので、海苔巻きやいなりずしを主に食べていた。
・食べ物の好みがどんどん変わる
 →グレープフルーツ、イチゴ、アイスクリームと変遷……
  軽く太った……
・いつもは気にしない青菜の青臭さが気になって食べられない
 →葉酸をとるためにサプリを購入。
  でも、そのサプリもにおいが気になってしまい、飲めたり飲めなかったり……
・スーパーのにおいが気持ち悪くて買い物に行きたくない
 →夫と一緒に週末に買い出しに行ってまとめ買い。
こんな感じでした。

つわり、ひどい人は水も飲めなくなり、入院なんてこともあるそうです。
私の友人の中には、妊娠初期に食べられなくてやせてしまった人もいました。
みんな症状が違います。
つらさも、本人にしかわかりません。
妊娠初期が一番不安定な時期なのですが、世の中ではあまりそのことが知られていないんですよね。
(私も、妊娠するまでそのつらさがわかりませんでした。)
外見からもわかりにくいですしね。

状況によっては難しいかと思いますが、
自分と、赤ちゃんのためにも、できる範囲で体をいたわりたいですね。

* * *
妊娠・出産(帝王切開)体験記――その1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする