妊娠・出産(帝王切開)体験記――その6 突如、帝王切開の可能性を告げられる

妊娠・出産(帝王切開)体験記――その5 切迫流産で入院

妊娠・出産(帝王切開)体験記――その1 妊娠検査薬でフライング検査
妊娠・出産(帝王切開)体験記――その2 雑誌買ったり病院行ったり
妊娠・出産(帝王切開)体験記――その3 つわり
妊娠・出産(帝王切開)体験記――その4 出血して慌てて受診 はこちら

切迫流産で入院し、無事退院した後はすこぶる元気でした。
退院直後、落ちてしまった体力を取り戻すべく、
無理のない程度で家事をしたり、散歩をして体力作りに励んでいました。

妊娠30週目を過ぎた、とある日の健診でのこと。
エコーをチェックした先生に
「胎盤が低いので、このままだと帝王切開になります。」
「陣痛が来る前、37週に入ったらなるべく早めに手術しましょう」
と言われました。

自然分娩を希望していた私。
そのほうが産後の回復が早いと聞いていたためです。

しかし、お医者さんの話で、いきなり「帝王切開」なんて言われたので、茫然。
胎盤が低いって、何のこと?
どうして帝王切開になるの?
私、何かしたっけ?
なんとかして自然分娩できないの?
などなど、今言われた話をなかなか呑み込めず、ただショックでした。

お医者様の説明によると、
「低位胎盤」とか「低置胎盤」などと呼ばれるものだそうで、
通常、胎盤(赤ちゃんと母体の間で酸素や栄養を受け渡しする器官)は子宮の上のほうについているのだそうです。
しかし、私の場合は子宮の下側についていて、
自然分娩しようとすると、
赤ちゃんの頭が引っかかって、先に胎盤がはがれてしまいそうな位置にあったのだそうです。
そうなると、赤ちゃんに酸素が行かなくなったり、
大出血が起きる可能性があるらしく、
母子の安全のためには帝王切開のほうがいいとのことでした。
今後、子宮が大きくなれば、引っ張られて胎盤の位置が上がることもあるようですが、
30週過ぎだと、なかなか上がることは少ないとか。
35週まで様子を見てみて、正式に決めようとのことで、
帝王切開になるかもという心づもりをしておいてくださいね、と告げられました。

ちなみに、子宮口にかかると「前置胎盤」と呼ばれ、帝王切開による出産が一般的なようです。
私の場合は、前置胎盤ではありませんでしたが、
子宮口から12~13ミリ程度しか離れていなかったようです。
改善方法を尋ねましたが、特にないとのこと。

その日から、ネットや病院で購入した妊娠・出産のテキストで
帝王切開のことを調べ始めましたが、
あまり頭に入って来ませんでした。
ショックだったんですよね。
低位胎盤が治った例などを検索するものの、
お医者様の言っていたとおり、具体的にこうすればいいという方法はなく、
もはや「治れ~」「胎盤上がれ~」と念じておりました(笑)

* * *
妊娠・出産(帝王切開)体験記――その1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 はこちら