結婚式のテーマは「猫」――その1

今日は11/22。
「いい夫婦の日」ということで、結婚記念日の方も多いのではないかな?と思います。
今朝、夫に「今日はいい夫婦の日だよ~」と話したら、
コンマ5秒ぐらいで「ワンワンにゃんにゃんの日でしょう!?」と返されました(^^;)

今日は「いい夫婦の日」かつ「ワンワンにゃんにゃんの日」にちなんで、
結婚式&猫にまつわるお話です。

以前「猫前式(にゃんぜんしき)の思い出」について書きました。
うちの猫・小太郎さんと一緒にウェディングフォトをした思い出です。

私も夫も”猫の「小太郎さん」は結婚式には出席できないけど家族の一員”という思いがありました。
そして、私も夫も動物が好き。
もともと猫を飼っていたのは私ですが、夫は猫も含めてまるごと私を受け入れてくれました。
とっても嬉しいし、ありがたかったです。
「私たちはこんな夫婦です。これからも末永くよろしくお願いします」という気持ちが伝わるといいなと思い、
結婚披露宴の際に私の好きな「猫」をテーマの1つにし、いろいろなところにちりばめました。
ちょっぴりご紹介しますね。

猫の風景印(消印)を結婚式の招待状にポン!

風景印(ふうけいいん)とはなんぞや?という方も多いと思います。
郵便局で配送する際、切手に消印を押しますよね。
通常の消印は、ふつうのマル印に郵便局名、引き受け日時が印字されるのですが、このほかに「絵入りの消印」があるんです。
これを「風景印」と言います。
各郵便局によって違う絵柄が使用されています(風景印がない郵便局もあります)。
私のふるさと青森市の各郵便局でも、
ねぶたまつり、ホタテ貝、三内丸山遺跡、縄文ポシェット、獅子舞など、いろんなイラストの風景印がありました。
千葉にはディズニー柄、沖縄にはパイナップル柄もあるみたいです。
その土地らしさが見えておもしろいですよね。
googleで「風景印+地名」で検索するとたくさん出てきます。

招待状を出す際に一般的なやり方は、
封筒に招待状や返信用はがきなど必要なものを入れて、慶事用切手を貼って出すという方法です。
内容物も、会場へのアクセス、メッセージカードなどを入れると、想定より重くなってしまうことがあります。

82円かと思っていたら92円だった!なんてことも。
入れるものがゲストによって違う場合には特に注意です。
料金不足になっても困るので、1通ずつ郵便局で重さを量ってもらって寿切手を貼るほうが安心です。

この時、郵便局の窓口で「風景印を押してもらえますか?」と言うと、風景印を消印として押してもらえます
※あくまでも消印なので、はがきや切手を貼った紙に押してもらえます。

基本的に窓口が開いているときにお願いしに行くことになるので、いそがしい人は時間を作るのが大変かもしれませんが、
一生に一度の結婚式の招待状なので、消印に風景印を押すのもちょっと特別な感じがして楽しいですよ。

ちなみに、私は三戸郵便局というところで
「11ぴきのねこ」のイラストの風景印を押してもらいました。
招待状が多かったので、事前に郵便局に出向き、
〇月〇日頃、〇通ぐらい出す予定ですが、全部に風景印押してもらえますか?とお願いしてきました。
※ちょうど猫の日(2月22日)が近く、郵便局で開催されるイベントと重なりそうだったので打診しておきました。

私も自分用に切手シートを買って風景印を押してもらいました。

「11ぴきのねこ」の作者である漫画家・絵本作家の馬場のぼるさんの出身地が青森県三戸町。

11ぴきのねこ [ 馬場のぼる ]

郵便局の入り口にも、

ポストにも、11ぴきのねこのイラストが。

2月22日前後は「猫の日」記念ウィークで、期間限定の風景印もありました。

招待状を受け取ったゲストの中には、猫の風景印に気づいた人もいて、
後で「あの消印、なぁに~?」「yumikoらしいね」と笑顔で言われました(^^)

ウェルカムスペースも猫

結婚式場や披露宴会場の入り口、ゲスト控室などに「ウェルカムボード」「ウェルカムベアー」が飾ってありますよね。
私たちは「ウェルカム猫」で招待客の皆様をお出迎えしました。

このぬいぐるみ、「ねむネコ」というぬいぐるみです。
夫が私と付き合い始めてすぐの頃に、UFOキャッチャーでGETしてくれたものです。
触り心地がいいんですよ。
普通のぬいぐるみですが、実はスリッパとしても使えるというもの。
もったいなくて一度も履いていません(笑)
見ていると癒されるので部屋に飾ってあったものを活用しました。

ウェルカムベアーは新郎新婦の格好をしてペアで飾られていますよね。
「ねむネコ」のぬいぐるみもちょうどペアになっていたので、
『ONE PIECE』のチョッパーの帽子(夫が持っていた)を被せて新郎風に、
お花のコサージュ(私が持っていた)を頭につけて新婦風にして飾りました。
製作時間、10秒ぐらいで完成です!
普段の生活にあるものを利用して、お金も手間もそれほどかけずに自分たちらしい空間を表現!
効率的!?(笑)

ウェルカムボードは、2人の写真に「Welcome」と名前・結婚式の日付を書いた紙を貼り、写真立てに入れて飾りました。
(大きなボードを作る余力がなかった……(^^;))

受付には、猫のオルゴール

自宅にあるものを活用した飾り付けはまだまだあります。
受付に置いたのはスタジオジブリの映画「魔女の宅急便」に登場する「ジジ」と「リリー」という猫のオルゴール。

このオルゴールには、ちょっとした思い出があります。
入籍後、新居に移る際に、夫が先回りして荷物を運びみ、こっそり玄関に飾っておいてくれたものです。
一緒に暮らせることを楽しみにしていることを形と行動で表現してくれたように感じ、夫の気持ちがとっても嬉しかったです(*^^*)
この裏話を知っているのは私と夫だけですが、飾られているのを見てひそかにニンマリしていました。

魔女の宅急便オルゴール【出会い】 Kikis Delivedry Service


魔女の宅急便 オルゴール ジジ 優しさに包まれたなら ジブリ

※挙式後、我が家の愛猫小太郎さんが、自宅にてオルゴールを棚から落として破損という事件が起こるのですが、
夫の「小太郎がケガしなくてよかった」に感動しました。
私より、確実にやさしいよなあ……。

披露宴会場にも、猫の飾り付け

披露宴会場の飾りつけにも猫を取り入れました。
新郎新婦が座る高砂の後ろには、私の大好きな「猫舎道楽堂本舗」の掛け軸を飾りました。

結婚式のテーマ、もう一つは「」だったので、和風の飾りも入れてみました。
私たちは「披露宴会場内に飾ってください」とお願いし、
実際に飾り付けをするのは式場スタッフさんなのですが、
この場所(高砂後ろ)に飾るまでに、式場のスタッフさんが「どの場所にどうやって飾ればいいか」と試行錯誤してくれたようです。
ありがたいですね。
壁につるしてみたり、斜めに置いてみたり、いろいろ試してこの場所に決定。
会場の装飾と違和感なく溶け込んで調和していたと思います。

ウェディングケーキの代わりに、鯛の塩釜開き&招き猫

猫&和がテーマということで、
私たちはウェディングケーキ入刀のかわりに「鯛の塩釜開き」をすることにしました。
式場のシェフに「鯛の形の塩釜焼き」(もちろん中身は鯛)を作ってもらい、

(↑新郎新婦側から見た図。)
その周りに「猫舎道楽堂本舗」の貯金箱を2体と、
同じく「猫舎道楽堂本舗」の「笑門来福」ミニ掛け軸を飾りました。

私は「猫舎道楽堂本舗」という猫のキャラクターのシリーズが好きで、
昔からグッズを集めていたので、そのグッズを思う存分利用しました。
鯛を持っている猫のイラストが描かれた掛け軸は、鯛の塩釜開きの雰囲気にピッタリ。
猫の貯金箱も、私が中学生か高校生の頃に祖母に買ってもらった大切な品です。

そして、ウェディングケーキ周りの装花の節約にもなりました(笑)
式場の人も「確かにここ(鯛の周り)は花じゃないですね」と言っていました。

ちなみに、塩釜開きの際は、会場の皆様に一緒に「よいしょ!よいしょ!よいしょ!」と掛け声をかけてもらい、
3度目の「よいしょ!」に合わせて、夫婦二人で木槌で鏡開きのように開きました。
塩釜を開くのは、けっこう勢いと力が必要です。
一度目で鯛までたどり着けず、夫婦でこっそり「せーの!」で再トライして鯛が出てきました(笑)

その後、猫のイラスト付きのお箸(結婚祝いで友人にいただいたもの)でファーストバイトを行いました。

鯛うまし。

その後、ゲストの方々にも、キッチンで取り分けてもらってサーブしてもらいました。
ウェディングケーキと同じように、来てくれた皆様におすそ分けです。
※さすがに全員分に配れる大きさの鯛を用意するのは難しいので、鯛を複数用意し、
私たちが塩釜開きしたのとは別に調理してサーブしてもらいました。

長くなったので、その1はここまで。
その2に続きます。


母の日 ギフト【一双 おやすみ猫 夫婦箸 桐箱入り】 結婚祝い 父の日 初任給 プレゼント 敬老の日 金婚式 銀婚式 内祝い 会津塗り 蒔絵 猫 ネコ ねこ 結婚記念日 両親 大人用 ペア 初任給 chopsticks 定年 退職 祝い