妊娠中でも指輪を楽しむ工夫

妊娠後期に入ると、結婚指輪をはずしておくように言われます。
帝王切開の場合に、電気メスというものを使うそうで、指輪に電気が集まってやけどをする危険性もあったりするそうです。
どうしてもはずれない場合は指輪を切断することもあるとか。
自然分娩の人も、分娩経過によっては緊急帝王切開になることもあるので、
指輪は外しておくように言われるでしょう。
ちなみに、私は妊娠7~8か月の妊婦検診時に言われました。

妊娠中は指がむくむこともありますし、
大事な結婚指輪であればあるほど、切断されたりしたら大変です。
でも、指輪をしていたせいで指をやけどしてしまったらもっと大変です。

ただ、
・妊娠中でも指輪をしていたい
・結婚式などのお呼ばれ時につけたい
・アクセサリーとして指輪を楽しみたい
という女性も多いはず。

妊娠中に指輪を外す期間は短いと思いますが、
どうしても指輪をつけたいとき、身に着けるための方法はどんなものがあるでしょうか?

指輪に紐を通してネックレスにする

簡単な方法は、指輪に紐を通してネックレスとして身につける方法です。
革紐でも、手持ちのネックレスのチェーンに通してもOK。
結婚指輪をいつでも身につけておけます。

これは妊娠中以外でも使える方法です。
私は夫から婚約指輪をもらった時、
ネックレスに通して、職場でもこっそり身につけていました。
ワイシャツなど、襟のある服であれば目立たせずにつけることもできます。
指輪を堂々とつけるのはなんとなく気が引けてしまうというシチュエーションでも、
大事な指輪を肌身離さずにつけておくことができます。

またはリングホルダーに通してネックレスにするという手もありますね。

LOVERS SCENE ラバーズシーン リングホルダーペンダントネックレス レディース シルバー LSP0074-45

普段お仕事等で指輪ができない人でも、こんな感じにすれば指輪を身に着けられるかもしれません。

フリーサイズの指輪をつける

私の友人は、こんな工夫をしていました。
結婚指輪は外していたのですが、
フリーサイズの指輪(もともと指輪に切れ目が入っていて、サイズを自由に変えられる指輪)をしていました。
これだと、緊急で外さなくてはいけない時にはすぐに外せるし、
普段使いもできるのでいいなーと思いました。

※友人がしていたものとは違うますが、フリーサイズの指輪ってこんな感じの指輪です。

イソワパール アコヤ真珠 リング 6.5-7mm ホワイトピンク フリーサイズ シルバー 52001 pearl

妊娠中だけでなく、結婚式などでドレスアップしたいときにも使えそうです。

フリーサイズのペアリングもありました。

JUDYの秘密<愛の言葉>ペアリング レディースリング メンズリング純銀指輪 キラキラ結婚指輪 婚約指輪 幾何 フリーサイズ

妊娠中、指輪を外すように言われたら、
こんな感じのフリーサイズの指輪を旦那様が奥様にプレゼント、というのもアリかもしれません。
産後に元の結婚指輪をつけて、
たまに気分転換で重ね付けという楽しみ方もできそうです。

妊娠中に指輪を外しておく期間は短いのですが、どうしても身に着けたいときもありますよね。
母体と赤ちゃんを大事にしながら、一工夫して毎日を楽しめるといいですね。