猫が吐く回数が多い!?ブラッシングでよくなるかも

我が家の愛猫・小太郎さんは御年13歳と8か月(2018年2月現在)。
人間の年齢だと70歳前後といったところでしょうか。
立派なシニア猫です。

2017年半ばから週に1度ペースで吐くことがあり、
さすがに頻繁過ぎるので病気か?と心配して獣医さんにかかったところ、検査では異常なし。
毛づくろいもしにくくなってくるお年頃。
加齢によって毛づくろいが上手にできず、飲み込んだ毛が胃に刺さって痛いのが原因では?との獣医さんの指導もあり、
なるべくこまめにブラッシングするようにしています。

そんな我が家の小太郎さんに好評?のブラッシングアイテムをご紹介します。

ブラッシングアイテム その1 ファーミネーター


FURminator(ファーミネーター)正規品 ファーミネーター S 小型猫 短毛種用 【お手入れ用品・抜け毛除去用品/ブラシ/ライトハウス】【猫用品/猫(ねこ・ネコ)/ペット・ペットグッズ/ペット用品】 cc-ymt

抜け毛がよくとれると評判のファーミネーターを使ってみました。
我が家ではAmazonで購入しました。

猫の皮膚に押し付けないように軽~くブラッシング。
グリップ部分は人間工学に基づいたデザインだそうで、握りやすいです。

こんな感じで簡単に毛が取れました。

おもしろいのでたくさんやっていると、いつまでも取れます。
ただし、調子に乗っていつまでもブラッシングしていると小太郎さんに噛まれるので、
短時間で切り上げるのもブラッシングのポイントです。

それと、毛玉に引っかかるととても痛いようなので、毛玉付近は気を付けながらブラッシングしましょう。

ブラッシングアイテム その2 マッサージブラシ(グローブタイプ)


Samoyed ペット ブラシ 手袋 両手 セット 犬 猫 グローブ 掃除 短毛 ラバー ゴム メッシュ 痛くない 抜け毛 クリーナー ペットブラシ

↑こんな感じのをAmazonで購入しました。
いろいろなメーカーが出していて、もっと手ごろな価格で売っている場合もあります。
片手のみでも売られています。
我が家の場合、夫はもともと左利きで、私は右利きなので、一応両手用を購入しました。

小太郎さんは撫でられるのが好きなので、私がこのグローブを持ち出すとじっと座って待っています。

両手でもやってみます。しっぽピーン!

こんな感じでごっそり抜けました。

抜け毛を丸めると、4~5センチぐらいの塊ができました。

日によって多少の増減はありますが、毎日やっていてもこのぐらいの抜け毛が出る小太郎さん。
これを飲み込んでいたら、そりゃあ胃も痛くなるはず。

ちなみに、我が家のかかりつけ獣医さんのアドバイスでは、
1日2回ブラッシングすると吐く回数が減ってくるでしょうとのことでした。

実際にやってみて、すぐに効果を実感。吐く回数が減りました。
多くても月に2回。吐かない月もでてきました。

愛猫とのコミュニケーションにもなって、健康にもいいので、
今後も時間を見つけてブラッシングする習慣を継続していきたいです。

いつまでも元気でいてね、小太郎さん。

********

FURminator(ファーミネーター)正規品 ファーミネーター S 小型猫 短毛種用 【お手入れ用品・抜け毛除去用品/ブラシ/ライトハウス】【猫用品/猫(ねこ・ネコ)/ペット・ペットグッズ/ペット用品】 cc-ymt


Samoyed ペット ブラシ 手袋 両手 セット 犬 猫 グローブ 掃除 短毛 ラバー ゴム メッシュ 痛くない 抜け毛 クリーナー ペットブラシ