自分の理想のパートナーはどんな人?出会いの場に行く前にやっておくこと

婚活という言葉がすっかり定着した(ような気がする)現在。
あちこちでお見合いパーティーや婚活イベントが開かれています。

私もお見合いパーティーで夫と出会い、約一年のお付き合いを経て結婚しました。
現在は2人の子供にも恵まれ、家族4人プラス猫1匹で仲良く暮らしています。

ずっと結婚しない(できない)んじゃないか、
パートナーに出会えないんじゃないかと思っていた時期もありましたが、
行動すると現実は変わります。
少なくとも、私たち夫婦は
あのタイミングであの場所に足を運んだから出会えたし、その後の人生が変わりました。

職場に出会いがない!友達の紹介や合コンでもご縁がつながらなかった!
婚活してるけどもう疲れてきた……という30代の私(女性)が、実際にやってみて夫と出会えた方法をご紹介します。

まずは自分を知ること

「出会いがない」って、具体的にどんな状態でしょう?
きっと「私のココロがきゅんとする異性に巡り合えていない」という状態を指すのかなと思います。
ココロがきゅんとする人=自分の理想の相手
ですよね。
それは具体的にどんな人でしょうか?
顔が好みで、
仕事ができて、
女心がわかっていて、
優しくて、
スポーツマンで、
趣味が合う人で……
などなど、挙げるとキリが無くなると思いますし、
人に言ったら「そんな贅沢なこと言ってどうする!」とか、
「マンガの世界にしかいないよ」なんていわれるかもしれませんが、
まずは一度、自分の理想のお相手像を紙に書き出してみます。

箇条書きで100個書き出してみる

ポイントは、誰にも見せなくていいので、自分に正直に書くことです。
まずは、現実にいるとかいないとか考えずに、
「私はこんな相手を望んでいるんだ」というのを可視化します。
結婚後のことも書いておきましょう。
子供は欲しいのか?
スキンシップの頻度は?
相手の職業は?
年収は?など、生々しいことも正直に書いたほうがいいです。
例えば、ペットを飼っている人は
「動物が好きか、少なくとも嫌いではない人」「結婚後も飼い続けられる人」というのが入ってくるでしょう。
仕事を続けたい人であれば、お互いの勤務時間が似ている人がいいのか、違っても構わないのか、
転勤族OKなのか、地元を離れたくないのか……etc.
人にとって重視する点が違ってくると思います。

他にも、
初婚の人がいいのか、×1もありなのか、
相手の年齢は、自分の年齢プラスマイナス何歳までOKなのか、
家族と同居がいいのか、一人暮らししている人がいいのか、
サラリーマンがいいのか、自営業がいいのか、公務員がいいのか、などなど。

やってみるとわかるのですが、
100個書こうとしても、意外に書けなかったりします。
でも、書いてみてください。
箇条書きで書きにくかったら、マインドマップにしてもいいですよ。

楽しく、自分の本心に正直に書くことがポイントです。

私はマインドマップで書きだすときに
・性格、雰囲気
・私と一緒にいるときの態度
・他人に対する態度
・人生に対する価値観
・外見・体形
・経済力
・仕事に対する姿勢
・スキンシップ
・結婚後の様子(親との同居・別居、子供の有無、父親像、夫婦としての接し方)
・趣味、特技、好きなこと
などについて、それぞれ書き出しました。

マインドマップで書こうとすると、
例えば経済力だと、公務員でもサラリーマンでも自営業でもいいとなると、それだけで3つの枝に分かれることになります。
サラリーマンであれば、正社員がいいのか、派遣社員でもいいのか、
公務員であれば、
役所勤務で転勤がないほうがいいのか、
教職員や事務職で、県内の転勤ならOKなのか、
消防士や救急救命士など、時間が不規則な仕事でもいいのか、
という形でさらに枝分かれしていきます。

自分の幅が見えるのでおもしろいですよ。ゲーム感覚で書き出してみてください。
マインドマップに書いた枝のどこかに当てはまる人=自分がトキメキを覚える人です。
実際に居たらステキですよね。
枝が何本もできるので、自分の好みが1つではなく、こんな人もいいな、あんな人も素敵だなと思っていることがわかると思います。
自分の好みが複数のタイプだとわかると、当てはまるお相手も増えると思いませんか?

ちなみに、私の夫はマインドマップに書いたことに(私の目から見て)8割方は当てはまっているなあと感じます。

順位をつける

箇条書きの話に戻ります。
理想の相手の条件を100個書きだしたら、その中で優先順位を考えます。
こうしていくと、「今の」自分の理想としている相手像がだんだん明確になってきます。

場合によっては
「私はどうしても両親の面倒を見なくてはいけないから、地元に残らざるを得ないのよね……」など、
自分の家庭の事情で付け加えざるを得ない条件もあると思います。
その条件に心から納得しているならいいのですが、
そうでない場合、本心に従って、優先順位を下げてみてください。

自分の幸せは、本当はどんな形なのか?を自覚するだけでも視野が変わってくるはずです。
どうしても抵抗がある場合、
「これはゲームだし、誰に見せるわけでもないし、今ちょっと書いてみるだけだから♪」
というような軽い気持ちでやってみてください。

これは嫌だ!という条件もあげておく

先ほどと反対に、「これは嫌だ」ということも挙げておきます。
例えば、
たばこは絶対に嫌なのか、一日数本程度ならいいのか、
お酒は付き合い程度ならいいのか、家で毎晩晩酌OKなのか、
お姉さんのいるお店で飲むのはOKなのか、絶対にイヤなのか、
ギャンブルはおこづかい程度ならOKなのか、どうしても許せないのか、などなど。
こちらは理想を追い求めると、それこそマンガの中にしかいない人になってしまうので、
3つぐらいにしておきましょう。
例 タバコNG、ギャンブルNG、暴力NGとか
その3つの中で、さらに2つに絞るとしたら、どれが残りますか?
これも自分の心に正直に決めましょう。
「一緒にいて、イヤじゃない」って、結婚して一緒に生活するようになると、想像以上に大事になってきます。
例えば、
「タバコはどうしてもニオイが嫌だけど、ギャンブルはお小遣いでやる分にはOK」などの妥協点を見つけます。

男性は女性と違ってたくさんのエネルギーがあります。
お酒やたばこ、スポーツ、ギャンブルなど、何かの形で発散している人がほとんどでしょう。
エネルギーを建設的な方向に活かせればいいのです。
例えば、ギャンブル依存症は困るけど、お金への興味を「副業を始めてお金を稼ぐ」という形に活かせるならどうでしょうか?
他にも、パワーを暴力という形で人に向けるのは良くないですが、スポーツという形で活かせれば健康にいいと思いませんか?
エネルギーそのものを否定してしまうより、活かし方が上手な男性を見つける(あるいは育てる)あるいは妥協点を見つけると、
お互いにハッピーですよね。

どうしてもこれだけは譲れないという部分は、妥協しないほうがいいです。
自分の中での譲れない部分と妥協できる部分の線引きを見つけると、だいぶ相手が見つかりやすくなります。

相手から見た自分のメリットを考えよう

ここまでは、自分が相手に求めることでした。
でも、相手の異性も、自分に求めるものがあるはず。
相手からも選んでもらえるようにしなくては、自分の理想とする人が見つかっても、フラれて終了になってしまいます。
そこで、自分と付き合うとこんなメリットがあるよというのを、異性の目線で見て、少なくとも3つぐらい見つけます。
例えば、
美味しい料理を作れる、
美味しいコーヒーを淹れられる、
マッサージが得意、
笑顔がいいとほめられたことがある、
人の話を否定せずに会話をできる、
早起きが得意、などなど。
スタイルがいいとか、
車の運転ができるとか、
若い!(期間限定ですが20~24歳ぐらい?)とかもアリです。

もし、今見つからなくもOK。
料理教室に行くとか、鏡で見ながら笑顔の練習をするとか、
身に着けるように、今からがんばればいいです。

芸能人は、ファンになってもらうために、とにかく努力しますよね。
それと同じで、自分を好きになってもらうために、相手目線で見て魅力的なこと、メリットを増やす努力をします。
そして、もしも自分の長所が思い浮かばないとしたら、料理と笑顔を特に磨くといいと思います。
胃袋をつかむことと、愛嬌は大事です。


相手目線で考えるのが難しい場合は、
本屋さんに行って「男性ウケする女性像」をリサーチ
しましょう。
男性向け雑誌を手に取ってみたりするのもアリです。
男性向けの雑誌コーナー(マンガコーナーでもOK)に行ったら肌でわかると思いますが、
好まれる色、対象、その他すべてにおいて女性向け雑誌コーナーと違います。
いろんな男性がいるので、ひとくくりにはできませんが、
「男性とはこんな傾向があるんだ」というのを知るのは大事です。

他にも、男性作者が書いた女性向けの「モテるための本」みたいなものに目を通してもいいと思います。

仕事で言ったら「マーケティングリサーチ」です。
相手(=異性)の心理を知ることって、婚活においてはとても大事だと思いませんか?

上記の本はほんの一例ですので、ほかの本でもいいと思います。
男性のことは男性に聞くのが一番!ということで、こういった本を参考にするのもアリです。
男性が好むこと、嫌がることを知っておこうという姿勢、大事です。

ちなみに、私はこの本を読んで頭を殴られたような衝撃を受けました。
自分のコミュニケーションの仕方の悪い部分をズバッと指摘されたようで、アイタタタ〜となりましたが、
自覚すれば治す努力はできるものです。

彼氏ができても破局したら残念ですよね。
仲良く付き合って行くためにも、
男性心理を知っておくのはいいと思います。