上北の「道の駅おがわら湖」で揚げたてのあんパン&カレーパンを食べました

「道の駅」って好きですか?

私は大好きです。
ドライブ中の休憩スポットにもなるし、
地場産の野菜や手作りのお惣菜などが手ごろな価格で手に入ったり、
美味しいものを食べられるイメージです。

道の駅であたたか~い”揚げたてパン”が買える

我が家では夫の実家に行くときに、たまに道の駅おがわら湖に立ち寄ります。
駐車場も広いし、お野菜も安く手に入るし、おにぎりやお惣菜も買える。
私の好きな場所の1つです。
そこで私がほぼ毎回購入するのが、
揚げたてあんパン&カレーパン☆

キャンピングカーで販売!

道の駅の建物の中で買えるのかというと、そうではありません。
その手前で買えます。
その手前、というのは、コレです。

道の駅の建物の停まっているキャンピングカー。
遠くから見ると
「さすが道の駅。いろんな車が立ち寄ってるのね」
と思ってスルーしそうになりますが、
よく見るとのぼりが立っています。

フロントガラスには何やらパンの文字が。

そうです、こちら、実はパン屋さん
先ほどの揚げたてパンはこのパン屋さん「bakery Chakkoi」(ベーカリー ちゃっこい)で買いました☆

「ちゃっこい」は青森の方言で「小さい」という意味の単語。
私は津軽弁のネイティブスピーカー(笑)で、ちゃっこいという単語は津軽弁だと思っていたのですが、
南部弁でも同じ意味で使われているようです。
※青森県にはざっくり分けて津軽弁、南部弁、下北弁の3つの方言があります。

実店舗はなくて、このキャンピングカーがお店です。
ちょっとワクワクする店構えです。

お店がオープンしているのは
水曜~日曜日営業です(月曜と火曜が祝日の場合は営業)。
12時ごろ~16時ごろ(パンがなくなり次第終了)。
この日は17時まで営業の看板が出ていました。

立て看板も立っています。

人気ナンバー1のカレーパンと、ナンバー2のあんパン。


「いつでも揚げたて」というフレーズがおいしそう~☆

注文してから揚げてくれる

注文は車の後方から。

いろいろなパンが並んでいて、目移りしそう。
どのパンもだいたい100円前後というお手頃なお値段。
土日祝日には、個数限定で、子供が喜びそうなかわいいパンも売っています

パンの受け渡し口から、希望のパンと個数を口頭で伝えます。
この受け渡し口の雰囲気が、好きなんです。
ちょっとくぐって、中をのぞいてみたくなるような作り。
小さいころに遊んだお店屋さんごっこや秘密基地ごっこをなんとなく思い出しませんか?

この日、私は、辛口カレーパンと、粒あん・こしあんのあんパンを注文しました。
1個100円です。
これで揚げたてパンが食べられるなんてウレシイ。

注文後、車の中で揚げてくれます。
だから、あたたかいパンを食べられるんですね。

カレーパンには長芋ゴロゴロ

揚げたてはあったかいうちにいただいたほうがおいしいので、さっそく食べました。

カレーパンをぱくっ!
すると中には長芋が。

「とろろ」のイメージが強い長芋ですが、
「煮る・焼く」など、加熱して食べるのもアリなんですよね。
ほくほくしてて美味しいですよ。
カレーに入っていても、まったく違和感ナシ☆
南部地方は長芋の名産地なので、
観光で訪れた方々にも、この長芋入りカレーパンはいいと思います。
あとから「長芋入りカレーパン食べたよ!」と、ちょっとしたお土産話にもできますよね。

衣から油がジュワーっ、表面がザクっとした歯ざわり。
ここちいい音がして、耳からも美味しいです。

これが揚げたての嬉しいところ。

ちなみに、揚げたてあんパンも美味しいですよ。
(写真撮るのを忘れた)
私は粒あんとこしあんの違いはよくわからなかったのですが、
甘いもの+揚げるという組み合わせは、別腹が発動します(笑)。
気がついたら完食しておりました。

ええそうです、揚げたてパン3つをワタクシ一人で完食です。
カロリーなんて、気にしちゃいけない。

手軽なおやつにぴったりです。