三沢まつり 2018 ジェラトーニ・ワゴン&ディズニーパレードを見て来ました

三沢まつり・中日の8月25日、
今年は特別にディズニーのパレードが三沢まつりにやってくる!と聞き、
見に行ってきました

ディズニーがなぜ三沢まつりに?

ディズニーパレードがなぜ三沢まつりにやってくるのでしょう?

今年平成30年(2018年)は、
三沢市市制施行60周年という節目の年なのだそうです。
人間でいうところの還暦ですね。
そんなわけで、これまでの行事に加え「東京ディズニーリゾート35周年スペシャルパレード」が三沢まつりに特別参加し、
祭りを一緒に盛り上げてくれることになったようです。

三沢市は60年前、昭和33年に市になったということに、個人的には驚きました。
三沢市のHPによると、市になる以前は三沢村→大三沢町だったのだそうです。
思っていたよりも若い市なんだなと感じました。

そして、ディズニーリゾートができてから35年になるんですね。
年齢がバレますが、
私の祖母が
「生まれてすぐのyumikoを連れて、できたばかりのディズニーランドに行った」
と言っていたのを思い出しました。
おみやげで買ったらしきミッキーのエナメルのバッグも、そういえば実家の戸棚にしまわれていたなあ。

三沢市外からもパレードを見に来る人が!

前日の三沢まつりのお通りは、大雨のため中止に。
「今日の天気はどうなのかな?」と天気予報を検索していると、
突然スマホにメッセージが。
青森市で以前勤めていた職場の、ディズニー好きの後輩からです。
三沢まつりにディズニーパレードが来るというので、どんな感じか聞きたい!とのことでした。
ディズニーパワーすごいですね~。青森市からも人を呼ぶディズニー効果ですよ。
車の運転タイヘンだろうに、
しかも彼女は子供たちも一緒に連れてくるとのことで、
駐車場やトイレや昼食のことなど、考えることが山ほどありますもんね。
※その辺はしっかりリサーチしていたようで、私よりも情報が詳しかった(笑)

そして、
彼女とは当日の具体的な時間や場所の打ち合わせをしていなかったにも関わらず、
三沢市内のマクドナルドでバッタリ会いました。
世の中せまいですね(笑)

ディズニーのおかげで、わざわざ青森市から三沢市まで子連れで来てくれたことを考えると、ミッキー様サマです。
(彼女のスマホケースもミッキーでした。)

久しぶりに会って話せて、うれしかったですね~(*^^*)
とても楽しい時間を過ごせました。
思わずツーショットで写真撮っちゃったレベルで、はしゃいじゃいました♪

ジェラトーニ・ワゴンもやってきた!

当日お昼近くに、防災無線で放送が入りました。
内容は「ミスビードルドームでジェラトーニ・ワゴンを展示してるよ!」というもの。

こういうのが防災無線で放送されるあたりが、三沢市の平和なポイント(笑)
「熊が出たので注意!」とか「〇〇町の火事が鎮火しました」とかと同じレベルで
「ジェラトーニ・ワゴンが来てますよ~」と放送されちゃうのがほのぼのします。

はて、ジェラトーニ・ワゴンってなんぞや?
ということで、とりあえず昼頃に行ってみました。

そこで見たのはこちら!

猫バス?
ミッキーのためにミニーが作ったテディ・ベアの「ダッフィー」。
そのお友達の猫が「ジェラトーニ」とのこと。
絵を描くのが得意な男の子で、
ダッフィーが落としたジェラートを使って絵を描いたのがきっかけで仲良くなったのだとか。

ジェラトーニ・ワゴンは、そのジェラトーニをワゴンにしちゃった!というものらしいです。

それにしても、ディズニーランドでこのキャラクターを見た記憶がないなあと思ったら、
ディズニーシーで最近登場したキャラクターだったのですね。


写真には映っていませんが、
正面でワゴンと並んで写真を撮りたい人達が、列を作ってました。

近くにいたスタッフの方によると、
横や後ろを見学したり写真を撮ったりするのは並ばなくてもOKとのことだっので、
私はパッと周囲を見学して退散。
※ちなみに、同じスタッフの方に、
ジェラトーニ・ワゴン&パレードの写真撮影と個人ブログへ掲載について確認し、
OKとの返事をいただいています。
(もっと厳しいのかと思ったら、明るくあっさり写真撮影&個人ブログへのアップOKで、こちらがビックリ。
今はインスタグラムとかYouTubeとかでいっぱい出てきますよね~と言っていて、ドキドキしていた私、拍子抜け 笑)

ジェラトーニワゴンの横はこんな感じで、ワゴンの扉をあけると絵が積まれています。

後はしっぽ。
ジェラートを使って絵を描いたしっぽ。確かに筆っぽい。

車の本体そのものは、
実家の地域でよく見た、魚などを売っている移動販売車に似てるんですが、
ワゴン車って、装飾によってかわいくなるんですね。

グレーの部分は、触るとフワフワした感触でした。
ジェラトーニ、猫だもんなあ。

約5分間の逢瀬。ミッキーたちがやってきた!

パレードのコースは、
市役所前スタート→市役所通り→30m道路→某スーパー前
というルート。

私たち家族は、30メーター道路の一角で見物することに。
開始時間の16時が近づくにつれ、続々と人が集まり始めました。

30m道路は、パレードのゴールに近い部分なので、のんびり待つことに。

パレード開始時間を約20分ぐらい過ぎたころ、遠くから音が聞こえ始め、
ダンサーのお兄さんお姉さんに続き、ようやくミッキー達の姿が。

ダッフィー達も。

ディズニーシーのキャラクターなだけあって、
パレードの車に浮き輪?みたいなのがついてますね。

その後、小さなかわいいダンサーたちに続いて、
チップ&デール。

ドナルド&デイジー。

元祖アヒル口。かわいい。

そういえば、修学旅行でディズニーランドに行ったときに、
ドナルドのおじさんの像を見て、
アヒル口+メガネ姿のキュートさに一目ぼれした記憶があるなあ。

バスの後方には、グーフィーとプルート。

個人的には、めっちゃぶんぶん手を振っているプルートにキュンキュンしました。

プルートと目が合った!見つめられた!
プルートは私を見つめてた!

と思ったのは、私だけではないはず……笑

パレードが自分たちの前を通り過ぎる所要時間は約5分間。
あっという間だったのですが、
東京ディズニーリゾートに行く時間や労力を考えれば、
地元で見られるのはかなりうれしい
ですよね。

ディズニーリゾートで待っているだけではなく、
全国各地を回って、
ファンを増やす努力を惜しまず続けるのが、ディズニーのすごいところですよね。
それほど熱烈なファンでなかった人でも、
生で触れる機会があれば、
ディズニーの魅力に引き込まれちゃうのかもしれません。

パレード後の警察官の呼びかけもディズニー仕様!?

パレード後、人々は一斉に帰ることになります。
交通規制が解除になるので、
それまで車道にいた人たちを歩道に誘導する警官のアナウンスが、
ちょこっと洒落てました。
「はぐれないように、一緒に来た人たちと手をつないで歩道に上がってください」との内容だったのですが、
女性をシンデレラになぞらえ、「ステキな王子様お姫様と手をつないで」云々
という感じで、パレード終了後も、まだ少し夢の国にいるかのような誘導。
心なしか、アナウンス担当の警官も、ディズニーっぽくなっていました

おうちに帰るまでがパレードです!
という、日本人なら「あれ、似たようなことを校長センセが言ってたな」と思うであろうセリフも聞こえました(笑)

楽しい時間を作り上げる人々に、ファンができる

そういえば、ジェラトーニ・ワゴンのところにいたスタッフさんもとても気さくだったし、
ディズニーにかかわるスタッフさんの明るさや人当たりの良さが印象的でした。

キャラクターの魅力もさることながら、
スタッフの魅力やキャラクターがわざわざ来てくれたことにファンができていくんでしょうね。