抜歯後に少しでも快適に過ごすためにした工夫3つ&痛くて再受診した話

先日、奥から2番目の歯の詰め物が取れました。
歯科医院で見てもらうと、
小さな虫歯が歯の内部に進んでいき、
歯髄部分にあたってしまっていて、
詰め物や被せ物での治療不可
抜歯するしかない
ということになりました。

歯の外周はほぼ残っているのに、
ほんの小さな虫歯のために抜歯だなんて
かなりショックでした(><)

抜歯はイヤなものですが、
抜歯後を少しでも快適に過ごすために
おこなった工夫3つを
備忘録も兼ねて記録しておきます。

工夫1.軽食を食べて、おなかを満たしておく

抜歯する時間帯にもよりますが、
抜歯後は食事も大変になります。

特に奥歯の抜歯の場合、
抜歯後は大きな穴が開いたままの状態です。

食べ物も挟まるし、
抜歯後の痛みで食事もままならない場合もあります。

抜歯前に満腹にならない程度に食事をとっておくと、
あとが楽です。

私の場合、夕方に抜歯予定だったので、
抜歯時間の30分~1時間ほど前に、軽くおなかに入れておきました。

今回はカ〇リーメイトで短時間にパパっとおなかを満たしました。
栄養補助食品って便利。
ありがたいですね~


カロリーメイト ブロック 4本×10箱×3種 大塚製薬 プレーン チョコ チーズ フルーツ メープル 送料無料 まとめ買い ダイエット お菓子 ダイエット食品 満腹感 置き換え 保存食 セット カロリーメイトブロック 朝食 小腹 防災用品 備蓄用品 ダイエットフード

口の中に食べ物を入れないで過ごせる時間を、
少しでも長く確保できるとラクだと思います。

歯を抜く前に
自分の好きなおにぎりやパンを食べて、
苦行前に至福の時間を味わってリラックスしておくのもイイかも

工夫2.歯磨きをしておけば、ご飯を食べずに寝てしまっても大丈夫

歯医者さんに行く前は、当たり前かもしれませんが、
歯磨きをしておきましょう。

抜歯する場合、
今まで歯があった部分がなくなり、
歯ぐきから下の部分が口腔内にさらされることになります。

口腔内の細菌を完全除去するのは無理ですが、
少しでも清潔にするため、
歯磨きしておきましょう。

特に、事前に何か食べた場合は、
歯と歯の間や、歯と歯ぐきの隙間に
食べかすが挟まっていることがあります。

歯医者さんや歯科衛生士さんたちに、
食べかすが詰まった口を見られるのは
なかなか恥ずかしいですよね……

私の場合、
夕方に抜歯をおこなうことになっていたので、
いざとなったら
夕食抜きでそのまま寝てしまってもいいように
キレイに磨きました。

結果として、
抜歯後は口腔内が不快で口を開けたくないし、
食欲もわきませんでした。

抗生物質と痛み止めを飲んだあと、
痛みが引いているうちに
夕食抜きで寝ることになった
ので、
抜歯前にきれいに歯磨きしておいてよかったです。

工夫3.おかゆやゼリー飲料等の柔らかい食べ物を用意しておく

抜歯後におなかがすいたときのために、
なるべくかまなくても食べられる
柔らかめの食事を用意しておくのも大事です。

私の場合、レトルトおかゆゼリーなどを用意しました。


味の素 おかゆ レトルト 3種 白がゆ/梅がゆ/玉子がゆ 各9袋 27袋セット【賞味期限 製造より12〜15か月】

レトルトのおかゆやゼリーなどは
コンビニやドラッグストアで今は簡単に手に入るので
嬉しいですね。

私の場合、
抜歯そのものは麻酔が効いていたので痛くなかったのですが、
麻酔が切れた後は痛みと不快感があり、
夕食を食べずに寝ることになりました。

抜歯前に小腹を満たしておいたおかげで、
一食抜いても平気だったのですが、
夜中におなかがすいてしまい、
ゼリー飲料を摂取して
空腹と口の中の不快感をやり過ごしました。


【送料無料(沖縄・離島除く)】森永製菓 インゼリー(inゼリー) 選べる24個(6個単位選択)

あまり強く吸い込むのは
抜歯後は良くないらしいので、
手でパックを押し、
ゼリーを口の中に出すようにしました。

主婦にとっては重要課題 家族の分の食事の用意はどうする?

自分が抜歯してしんどいときに、
正直言って料理したくないし、
自分も食べたくない……
味見するのすらイヤだ……
という展開が目に見えていたので、
こちらも事前に対策しました。

・お惣菜で夕食を済ませてもらう
・レトルトカレーや冷凍パスタなど、
 自分が味見や調理をしなくて済むものを用意しておく
・いっそのこと、自分以外の家族には外食してもらう

という案を考え、家族に話したところ
・吉〇家の牛丼をテイクアウトして自宅で食べる
という結果になりました。

家族は好きなものを食べられ、
私は食事の用意や片づけをしなくてよくなり、
自分が食べたくない時に食べなくて済む

ということで、みんな丸く収まりました。

牛丼、美味しいですよね。
というか、吉〇家の牛丼がネットで買えることに気づきました。
世の中便利ですね。


牛丼 吉野家 送料無料 冷凍牛丼の具120g×7袋セット お試し 簡単 便利 夜食 おつまみ 昼ごはん ストック 時短 働くママ 冷凍食品 お弁当 おかず クール宅急便 取り寄せ グルメ 吉野家 牛丼

冷凍でもじゅうぶん美味しいのですが、
自分で温めるのすらイヤな時があるので、
お店でテイクアウトしてもらえるのは、主婦としてはラクで嬉しいです。

4~5日経っても痛かったので再受診しました

抜歯当日を何とか過ごした後、
次の日からいきなり普通の食事です。
とは言っても、
ゴボウなどの固めの食事はさすがに避けました。

抜歯後の痛みは、
処方された抗生物質と痛み止めで何とかなりました。
痛み止めで出されたボルタレン、すごく効きました。
快調に回復していくと思っていました。

それにしても、
奥歯から2番目の歯がないのは噛みにくいです。
抜歯後それほど日が経たないうちは、
歯ぐきに大きな穴が開いた状態です。
痛み止めでさほど痛みは感じておらず、
食事のたびに歯ぐきの穴に食べ物が挟まることのほうが気になりました。

抜歯後2~3日後、
歯磨き後のうがいで、
血の塊のようなものが流れていった
のを目撃しました。

事前に
「激しいうがいをすると治りにくくなるので控えめに」
と言われてはいたものの、
無意識に抜歯したほうを中心に強くうがいしたり、
歯ブラシで触れたりしていたのでしょう。

その後、抜歯した穴を見ると、
何となく白いものが見えていました。
ごはんでも挟まっているのかなあと思い、
とりあえず放置。

抜歯して4~5日経っても痛みが引かず、
それどころか
痛み止めを飲んでいるのに痛みが引かず、
むしろ前より痛みが強くなってきた
という状況になり、
急遽、再診してもらいました。

すると
ドライソケットという状態になっていました。

ドライソケットというのは、
抜歯後には穴を覆うようにかさぶたができて
少しずつ治っていくはずが、
かさぶたがはがれて
骨?がむき出しになっている状態だとか。

「痛み止めを飲んでもつらいでしょうね」と
歯医者さんに言われました。

直すために「再掻爬(さいそうは)」しました。
再度麻酔をして、抜歯したところをグリグリして出血させ、
かさぶたを作る
のだそうです。

ぎょえー!麻酔嫌い!
でも痛いのはもっと嫌い!
と思いつつ「鯉 on theまな板」の精神で施術を受けました。
その後、抗生物質と痛み止めを服薬しつつ過ごしているうちに
痛みは治まりました。

歯ぐきの穴も数か月でだんだん浅くなっていき
今ではもともと穴なんてなかったかのように平らです。
人体って不思議。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする